長崎県埋蔵文化センター公式サイト
コンセプト
センター長あいさつ
沿革
業務概要
センターの組織
出版物
閉じる
施設概要
各施設紹介
利用申請について
閉じる
発掘調査情報
イベント情報
年間スケジュール
閉じる
東アジア考古学情報検索について
東アジア考古学情報検索
閉じる
遺跡情報検索
遺物情報検索
図書情報検索
長崎県文化財情報検索
県内資料館検索
閉じる
主な遺跡・遺物紹介
主な遺跡
主な遺物
閉じる
文字の大きさ 小さくする 中くらいの大きさ 大きくする
リンクサイトマップトップへ

センター概要施設案内スケジュール東アジア考古学情報情報検索主な遺跡・遺物
コンセプト

センター所長あいさつ

沿革

業務案内

センターの組織

出版物

TOP > センター概要 > センター所長あいさつ
センター所長あいさつ

 九州の北部、玄界灘に浮かぶ壱岐島。日本遺産の構成文化財である国指定特別史跡「原の辻遺跡」を南に望む丘の上に長崎県埋蔵文化財センターはあります。
 平成22年3月14日、併設する壱岐市立一支国(いきこく)博物館のオープンと同時に開所した本センターは、長崎県の埋蔵文化財保護行政の中核機関として、県内埋蔵文化財の発掘・調査研究、出土品の保存・活用、研修・普及啓発などを行っています。

 中でも、遺跡の全容解明を目的に継続して実施している原の辻遺跡の発掘調査や東アジアとの交流に視点をおいた考古学研究、長崎県立壱岐高校の東アジア歴史・中国語コースへの授業支援をはじめとする教育支援は、本センターならではの特色ある取組みです。
       
 調査研究の成果は、一支国博物館での展示等を通して多くの皆様にご覧いただけるようにしています。特に、収蔵品や内部の様子を間近に見ることができる前面ガラス張りの出土品収蔵庫とそこでの企画展示は迫力満点ですので、是非、一支国博物館へ足をお運びください。

 友好機関である韓国釜山博物館との共同研究を推進し、東アジア考古学研究の深化を図るとともに、研究成果の発信を通した地域振興にも引き続き取り組んでまいりますので、今後ともご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成30年4月 長崎県埋蔵文化財センター 所長 石橋 明



センター概要施設概要スケジュール東アジア考古学情報情報検索主な遺跡・遺物リンクサイトマップトップへ